【空腹・食事・継続】効果的にダイエットを行う3つのコツ

皆さん、誰でも一度はダイエットに挑戦したことがあるかとおもいます。かくいう筆者もこれまでに様々なダイエットを実践してきました。

若いうちは少し食べる量を抑えたり、いつもより多めに運動したりすることで体重を元に戻すことが可能でしたが、年齢に伴って、背中の上やひざの上についたお肉が憎いほどに取れにくくなってきています。

スポーツする女性

そこで今回は効果的なダイエットを勉強して、効率的に要点をえてダイエットに取り組むことでより意味のある方法について考えていきたいと思います。

有酸素運動は空腹時に

空腹

ダイエットに効果的な運動の一つに有酸素運動があります。

有酸素運動といっても難しく考えず、一般の方が始めるには簡単なジョギングやヨガなどの運動で十分効果が期待できるでしょう。

ジョギングやヨガすらちょっとハードルが高いという運動音痴さんでも、散歩をするだけでも何もしないよりかは確実に痩せるので、まずはいつもより少し散歩をする習慣をつけていくことが大切です。

そして有酸素運動をする際に、より効率的に作用する時間帯が空腹時なのです。

空腹時はエネルギーの消費量が上がることで代謝するエネルギーも増えます。

時間としては朝の朝食前がベストタイミングといえるでしょう。実際にボクサーなどの減量を仕事としている人は、必ず朝にワークアウトをすることが多いそうです。

低脂肪・高たんぱくの食事を心がける

食事で筋肉をつける

やはりダイエットの基本は、食事に限ります。

いくら運動をしても食事に気を使わなければ痩せることはほぼ不可能です。理想は低脂肪・高たんぱくのメニューをとることです。

たんぱく質をとることで筋肉がつきます。筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて同じ量の食事をしても代謝が多いので消費カロリーが増えて太りにくくなるのです。

【高たんぱくな食材】

  • 豆腐
  • 納豆
  • ささみ

などがあります。これらの食材を積極的に取り入れていくことが大切です。

また、栄養素の多い野菜や海藻類、キノコ類なども上手に取り入れて栄養バランスを整えることも大切になってきます。


意識を変える

最近では、ダイエットをサポートする為の女性用の筋肉サプリ(HMBサプリ)もあるので、食事だけの摂取が難しい場合は、サプリで栄養を補助する方法もダイエットに効果的です。

「女性だからダイエットに筋肉は必要ない」という考えるのではなく「女性のダイエットにも筋肉は必要」ということも抑えておきましょう。

短期決戦ではなく長期的にダイエットをする

継続が大事

ダイエットをする人でよく失敗する人には共通点があります。

それは短期間で効果を出そうとして思うように結果が出ずにそのまま断念してしまうことです。

食事や運動でのダイエットは結果が出てくるのは、往々にしてゆっくりとした経過になります。

ダイエットには何よりもまず継続が大切です。

少しづつ成果が表れるので短期な人はすぐに断念してしまいがちですが、そこは耐えてひと踏ん張りすると徐々に効果が出始めて、一度コツをつかめばあれよあれよとスピードにのって効果を実感できるようになるので、最初の気合が肝心です。

さいごに

スリムな女性

  • 有酸素運動は空腹時に
  • 低脂肪・高たんぱくの食事で筋肉をつける
  • 短期決戦ではなく長期的にダイエットする

このように様々なダイエットのコツをみてきましたが、一番は彼氏をゲットしたいなどの明確な目標を持つことでモチベーションをあげてよりダイエットへの効果をあげることができるでしょう。

ぜひ、みなさんも、チャレンジしてみてください!