【筋トレだけじゃ痩せられない!】脂肪燃焼に有酸素運動が必要な理由

  • 脂肪燃焼には「有酸素運動」が効果的
  • 筋トレだけでは痩せられない

こんな話を、誰もが聞いた事があるかと思います。今回は、この2つの理由について解説していきます。

脂肪燃焼には有酸素運動が必要不可欠

汗をかく女性

脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が必要不可欠です。

その理由は、有酸素運動で多くの酸素を体内に取り込み、体内にある二酸化炭素を外へ排出することで脂肪が燃焼されるからです。

その為、運動時の水分補給も脂肪燃焼に繋がる大切な要素となります。体内の水分量が少ない場合だと、多くの二酸化炭素を排出する事が出来ません。

運動中だけでなく運動前にも十分な水分補給を行うことで、より脂肪が燃焼しやすい身体を作り出す事が出来るのです。

筋トレだけでは、痩せられないワケ

お腹が太った女性

筋トレだけで、効率的に痩せることは出来ません。

腕立て伏せや腹筋などの筋トレは、内側の筋肉に対してアプローチする運動です。

特に女性はお腹を引き締める為にと、腹筋を頑張る人がいますが、それだけでは痩せる事が出来ないのです。

なぜ腹筋をするのか、それはお腹周りを痩せたいからですよね。

しかし、いくら腹筋をしても内側の筋肉が鍛えられていくだけで、外側にコーティングされている脂肪は燃焼されません。

酸素

脂肪を燃焼するには多くの酸素が必要となります。

筋トレは無酸素運動の為、多くの酸素を取り込む事が出来ません。その為、脂肪に直接アプローチ出来る運動は、有酸素運動のみになるのです。

有酸素運動の中でも、ウォーキングがオススメ

ウォーキング

1回や2回の運動で痩せることは出来ません。

ダイエット効果を得る為には、継続が何よりも大切となります。

有酸素運動と聞くと一般的には、ジョギングやランニングを想像すると思いますが、足への負荷も大きい為、ダイエットには、あまり適さないかもしれません。

ウォーキングであれば、着地時の足首への負担も軽減されるので、ダイエットにおすすめな有酸素運動のひとつと言えるでしょう。身体への負担も少なく、なにより多くの酸素を取り込めるのでダイエットに最適の運動と言えます。

歩くスピードはゆっくりでも問題ありません。多くの酸素を吸って二酸化炭素を吐く、これだけで脂肪は燃焼されていきます。

姿勢やお腹を意識して歩くことで、より燃焼効果が期待されます。

まとめ

体重計

ダイエットを成功させる秘訣は「継続する力」「効果を実感する事」が重要です。

筋トレだけを行っている場合でも、基礎代謝が上がり痩せやすい身体にはなりますが、その効果は有酸素運動と比較すると実感にずらいものとなります。

有酸素運動にはデトックス効果(体内に溜まった毒物を排出させる効果のこと)もあり、身体だけでなく肌の張りや質なども整えられていきます。ダイエットのモチベーションを維持する為にも、負荷の少ない運動を継続する事が何より大切となります。

「筋トレ」と「有酸素運動」をうまく組み合わせて、女性らしい体を手に入れましょう!